教えて!リクナビネクスト掲載サイト6選

ホーム > リクナビネクストの掲載について > リクナビネクストにある異なる魅力

リクナビネクストにある異なる魅力

毎週2・6万人以上が新規会員登録し、転職者の8割が活用している背景からも、企業と求職者、どちらにとっても、リクナビネクストのデータベースから得られる情報量は、活動の鍵を握っています。
数々の人材採用ナビゲーションがオンライン上でサービスを提供していますが、掲載情報量で比較した場合、リクナビネクストでは様々な原稿プランを用意している特徴が挙げられます。
募集内容を具体的に伝えることが要になるため、その掲載したい項目には、募集する背景であったり、仕事の内容から対象としている方、勤務時間から給与、待遇・福利厚生などまで、基本情報をしっかり掲載・閲覧可能です。
もちろん、取材や原稿を制作し、内容を確認してから申し込むまで、約1週間以内での掲載がスタートでき、相談も見積もりも無料であることも、企業側の比較検討のポイントになります。


人材採用ナビゲーションで比較したいのは、広告を載せるだけで応募を待つのか、直接アプローチがかけられる掲載方法なのか、大きく2パターンの掲載で比べることも企業側ではできます。
もちろん、有料機能もありますが、片方は閲覧者からの連絡を待つ姿勢であるため、アプローチをかける場合には無料機能での比較がポイントです。
リクナビネクストでは、ターゲットになる求職者に募集情報を見せるまでは双方変わらず、その後、無料機能として、閲覧した求職者に自動メッセージを送れる無料機能を使うことで、早い段階でアプローチに成功します。
その他にも、セグメントマッチという機能では、採用したい経験やスキルを持つ者に対して、優先的に情報を表示することも可能で、待つだけでは難易度のある企業と求職者との出会いのスピードを早めることができます。


求職者からは、リクナビネクストに掲載していることから何が分かるのか、他のナビゲーションと比較する場合のテーマに挙げることができます。
働くために情報収集を行う就活や転活では、給与や待遇などの条件から検索をかけ、ある程度条件を絞り込んでいきます。
会社の雰囲気、人間関係などは文字からは伝わりづらく、最終的には理想とする環境ではなくなり、転職を繰り返すケースも実情としてあります。
リクナビネクストで掲載されている求人内容には、入社後のイメージが伝わる情報が公開されている点がウリの1つです。
職場環境であったり、入社後に期待するイメージを正しく伝えられる内容から比べることができます。
例えば、社員の声や写真を掲載・閲覧することで、社風や雰囲気などの理解度に結び付きます。

次の記事へ

上へ戻る