倒産予測を活用して取引先を決定する

企業が取引をするときには相手企業の状況を把握する必要があります。商品を仕入れる場合、販売する場合、協力する場合などがあります。仕入れる場合はきちんと納品してくれるかが重要ですし、販売する場合は支払いをしてくれるかが重要になります。新しい取引先が決まればそれによって売り上げを伸ばすことができます。お金の入金も期待することができるでしょうが、もしその企業がすでに倒産の危機にあるとしたらあまり好ましい状態ではありません。商品だけ納品をして支払いをされずに倒産することもあります。そこで倒産予測を利用して取引先が問題ないかをチェックするようにします。通常は自社内で与信管理を行うことがあります。取引先の決算書などを提出してもらってそれから問題ないかを見る場合があります。しかしそれでは正確な情報が得られないことがあります。信用ある業者から情報を入れるようにします。

決算書がなくても倒産予測値を把握

多くの企業では決算書を作成しています。株式会社であれば株主総会などがありその時に必要になります。税務申告の時には決算書を提出しなくてはいけません。大きな会社であっても小さな会社であっても決算書の作成を行っています。しかしそれぞれの会社の決算書を簡単には見せてもらえません。銀行からの借り入れをするとき、税務申告、大企業との取引などをするときに求めらるなどでないと出してもらえません。これではその会社の状況を知ることはできないでしょう。ある調査会社ではそれぞれの会社の倒産予測値を出してくれています。決算書がわかる場合はそれを使いますが、ない場合は定性情報によって把握します。これは数値以外のその会社の状況などから把握します。社員の対応であったり、稼働具合などからその会社が正常に運営されているかを調べます。

最新の倒産予測値を利用して判断をする

大手会社と言われるような会社でも倒産する場合があります。銀行や証券会社などは倒産しないといわれていましたが必ずしもそうではありません。数年前まではある分野で世界のナンバーワンだったのに、今やその部分が足かせになっているような会社もあります。企業が倒産をするとき、昨日まで良くて今日いきなり悪くなることは少ないです。一応きっかけとなる節目などはあるでしょうが、その時にもまだまだ回復の可能性は残されています。でも何も対策がされていなければどんどん悪化してしまうことがあります。倒産予測値を提供している会社では日々その数値を変更しているようです。上場企業などであれば毎日のように情報が入ってきます。それをもとに見直されます。中小企業など上場企業ほどの情報が得られない場合でもそれぞれの会社にインタビューをするなどして情報を得て更新が行われます。

リスクモンスターは総合商社の与信管理ノウハウと膨大な量の企業データーベースを持ち合わせ与信リスク管理を徹底的にサポートいたします! 与信管理支援サービス、研修・人材育成サービス、BPOサービス、ビジネスポータルサービスの大きく4つのサービスを展開しています! 企業経営において継続的な成長を達成するためには自己資本の増強と与信管理、金利負担の軽減等がポイントとなります! 倒産予測で安心取引をしたい方に